スポンサーサイト

-------- -- : スポンサー広告 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水面揺れ釣り乱数について

2013-01-07 Mon : ポケモン-乱数 
基本の記述はここ
http://blog.livedoor.jp/x_x_saki_x_x/archives/53402929.html
BW2でやったので、BWとは若干違いがあるかもしれません。

以下引用
>●つり
>シンクロ→つり成否→出現ポケモン決定→レベル決定→性格値決定→性格決定の順に決まる。
>シンクロと出現ポケモン決定の間に釣り成否判定が挟まるため、シンクロ成否はbwseedlistの野生リストでは目的の物の1つ上を見る必要がある。
>釣り成否は最上位bitが0なら成功、1なら失敗。
>そのため、野生リストでのシンクロが×ならば釣り成功、○なら釣り失敗だと分かる。
>出現ポケモン決定は(seed*100)>>32の値で決まる。
> 0-39 0
> 40-79 1
> 80-94 2
> 95-98 3
> 99 4
>0は通常野生の0~1、1は通常野生の2~5、4は通常野生の11とちょうど対応するので、bwseedlist使うときには参考にするといいかと。
>2、3はちょうど対応するものがないので、タマゴリストで性格値乱数を見て直接調べることを推奨。
>野生リストでの目的の物の消費数+1のところにある性格値乱数が該当する個所になるかと。
>レベル決定はなみのりと同様かと。
>上記のような決定方法なので消費数を間違えないように。
>通常野生の時より1少なくなるはずである。
引用終了

揺れる水面に対して行った場合は、(おそらく)釣りが必ず成功するため
つり成否がスキップされる模様。つまり
シンクロ→出現ポケモン決定→レベル決定→性格値決定→性格
となり使う乱数自体がひとつ減る。これは
シンクロ→出現ポケモン決定→1つスキップ→性格値決定→性格
となる通常の野生乱数と全く同じ形になる。

以下、実際に使った乱数列
場所はリュウラセンの塔外周
釣りのテーブルは
http://pokebook.jp/data/bw2/enc_w2.htmlより
初期seedは0xDFE7EBF2400AD4B0

n乱数シンクロテーブルレベル性格
3840x044DC82D×1(ミニリュウ)0がんばりや
3850x0364F770×1(ミニリュウ)0がんばりや
3860xF1E1A16294(ハクリュー1)19しんちょう
3870x5608EED8×33(ミニリュウ)7わんぱく
3880x3B13ECAB×23(ミニリュウ)4ずぶとい
3890x65305E29×39(ミニリュウ)8のうてんき
3900x13B59358×7(ミニリュウ)1さみしがり×Lv67ハクリューきまぐれ出現
3910xFC112F7B98(ハクリュー2)20きまぐれ
3920xD235FED782(ハクリュー1)17おだやか
3930x272D5CD8×15(ミニリュウ)3いじっぱ×LV50カイリュー穏やか出現
3940xFDAF342C99(カイリュー)20きまぐれ
3950x01176C20×0(ミニリュウ)0がんばりや
3960xF6C090F296(ハクリュー2)20きまぐれ
3970xCDB17A0580(ハクリュー1)16おだやか
3980xF2633716×94(ハクリュー1)19しんちょう
3990x49C7E925×28(ミニリュウ)6のんき
4000x90CE4B6556(バスラオ)11むじゃき
4010x32D07808×19(ミニリュウ)4やんちゃ
4020xC3B69C9B76(バスラオ)16うっかりや





何が言いたいかと言うと







おだやか(Still)になっちゃった。 ということです。
まあ、精神力の時点で観賞用なんだけど、6Vだっただけに若干残念。
6VのLV1ギャラドスとLV1コイキングもこれで回収できますが、ギャラドスは穏やかになってしまいます
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。